ケヤキ並木と義家伝説

第1回 源義家の伝説〜その1

語り手:大江戸蔵三
都内の某新聞社に勤める整理部記者。三度のメシより歴史が好きで、休日はいつも全国各地を史跡めぐり。そのためか貯金もなく、50歳を過ぎても独身。社内では「偏屈な変わり者」として冷遇されている。無類の酒好き。

聞き手:国府なぎさ
都内の某新聞社に勤める文化部の新米記者。あまり歴史好きではないのだが、郷土史を担当するハメに。内心ではエリートと呼ばれる経済部や政治部への異動を虎視眈々と狙っている。韓流ドラマが大好き。

ケヤキ並木のルーツは…

こんにちは、大江戸さん。文化部の国府です。今度都内版で「府中の歴史」をテーマにした連載企画を始めるんですけど「そういう企画なら、まずは大江戸さんに聞いてこい」ってウチのデスクが言うもんですから、整理部の方へお邪魔したっていうワケです。それにしても、大江戸さんって変わった名前ですね。なんかの芸人みたい。

それは江戸屋猫八のことか?失礼なヤツだな。キミだって売れない演歌歌手みたいな名前じゃないか。ワタシはこう見えても忙しいんだよ。キミと付き合ってる時間なんかないの。さぁ、帰った、帰った。

まぁ、そう言わないで。タダでお話を聞こうなんて思ってませんよ。デスクが「蔵三さんの好みだから持っていけ」って言われて、これを買ってきたんですよ。

おっ、これは「国府鶴」の淡麗大吟醸じゃないの!しかも2本!これはサラッとした口当たりでスイスイ飲めちゃうからなぁ。東京にも旨い酒ありってとこだな。しかも、ここの六代目はこないだまで府中の市長(野口酒造・野口忠直氏)だったからね。キミも生意気なだけかと思ったら、結構いいとこあるじゃないの。ところで、何を聞きたいんだっけ?

「府中の歴史」をテーマにした連載企画なんですけど、なかなかテーマが決まらなくて困っているんです。

ははぁ。「府中の歴史」ねぇ。かつては武蔵国の国府だったとか、江戸時代には甲州街道の宿場町だったとか、いろいろあることはあるけど、イマイチ読者の興味をそそらないかもなぁ。

そうなんですよ。ちょっと地味っていうか、ドラマ性が薄いっていうか、織田信長とか徳川家康みたいな主役がいないんですよね。

歴史上の有名人か。まぁ、そういうことならいないわけでもないけどね。超有名人が。

えっ? 誰ですか? 私でも知ってる人?


府中の人なら誰でも知ってるけど、ケヤキ並木に武者姿の銅像があるだろ。あれはキミも知ってる通り源義家だ。今から950年ぐらい前に、源頼義・義家父子が「前九年の役」で奥州に赴く前に、大國魂神社に戦勝を祈願した。それが無事叶ったということで、康平5年(1062)に神社にけやきの苗木1000本を寄進したという伝承がもとになっている。

はぁ〜、それが今のケヤキ並木なのね。


そう、と言いたいところだが、その時代の並木は火事で焼失したり、台風なんかで枯れちゃって殆ど残ってないんだ。今あるケヤキ並木の原型は、徳川家康が寄進したものと言われている。

あらら、意外なところで出てきたわね、ビッグネームが。


家康は江戸入府の際にたくさんのお寺や神社に寄進している。代表的なのが芝の増上寺ね。家康は駿河の人だから、関東人にとっては馴染みが薄いわけ。家康自身が信仰に熱心だったこともあるけど、宗教勢力を味方につけておけば人心を掌握しやすいという計算もあったと思うよ。

それで大國魂神社にもケヤキ並木をプレゼントしたってこと?


それはほんの一部だ。500石の社領と馬場を寄進し、慶長11年(1606)には社殿まで造っている。けやき並木は正式には「馬場大門のケヤキ並木」って言うだろ。武蔵国は昔から馬の名産地で、馬の市場があった。家康はここで買った馬で天下分け目の戦いに勝てたっていうことで、六所宮、つまり大國魂神社に新たに馬場を寄進した。で、その馬場の左右の土手にけやきを植えたっていうんだな。

戦争に勝てたお礼にケヤキを植えたわけだから、源義家と似たような話なのね。

うん、義家の故事にならったと考えていいんじゃないかな。家康のルーツは葵の紋からもわかるように賀茂氏と言われていて、源氏とは全く関係ない。でも、征夷大将軍は源氏の血を引く者という鎌倉以来の伝統があったから、家康は自分の家系をでっち上げて、無理矢理源氏の系統を名乗ったわけ。だから祖先の故事にならったというデモンストレーションを大々的にやってたしても、おかしくはない。

ってことは、今のケヤキ並木のルーツは家康で決まりね。


ところが、これも伝承の域を出ていないんだ。確かな記録が無いんだよ。唯一残る確実な資料は、正保3年(1646)に、大國魂神社で大火災があって、その時並木もかなり焼失したらしい。そこで幕府が再建に乗り出して寛文7年(1667)にやっと竣工。並木もその時に修復されたという記録がある。

義家も家康も確かじゃないっていうことになると、結局ケヤキ並木を整備したのは江戸幕府の誰かってこと? それとも植木職人とか?

あはは。極端に言えばそうなるね。しかし、ケヤキのルーツとして銅像になってるのは源義家だろ。そこが問題だ。歴史的には、家康の方がまだ信ぴょう性があるし、義家は特に府中と縁の深い人物ではない。それなのになぜ、府中のシンボルみたいになっているのか。

そういえばそうねぇ。源義家って名前だけは知ってるけど、何をした人かよくわからないし…。

そうだろ。しかし、義家は源頼朝や足利尊氏の祖先であり、坂東武者のルーツでもある。つまり、関東地区を代表する英雄なわけ。そういう意味では、武蔵国の国府であった府中のイメージにふさわしい人物と言える。同時代に活躍した関東の英雄と言えば平将門や藤原秀郷もいるけど、義家は更に上を行って、神格化されているんだな。なぜ義家が伝説の人物になったのか、これからこのコーナーでじっくり語ろうじゃないの。<次回へ続く>

ページトップへ戻る